レイキヒーリングとは

日本発祥の民間療法の一つです。

1922年3月、臼井甕男(うすいみかお)が鞍馬山で絶食して21日目、雷のような衝撃で失神し、目が覚めた時にはこの能力が備わっていた。